サルけ/マワれ書店

hahahahahas

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

M・エンデが読んだ本

m-e.jpg


小さい時からお話を作ったり曲を作ったりしていた私が、その道に進むのを断念のは、ものを作れるだけの素養が自分には無いと思った時なんですね。

自分の小ささに気付くまでは、世間に対して訴えたい様々なメッセージを持ち合わせていたのですが、自分が思っていることなど既に他の誰かが言ってくれているということが分かると、生業にしてまで主張したい何かというものを失ってしまったのです。
まして自分は探している答えをまだ見つけることができておらず、何かを作ったとしてもそれは“結論”を乗せた物には成り得ないわけです。


ミヒャエル・エンデ ファンの友人がいるので、図書館で何となく目についてしまいました。
開けてみると、なんとエンデ自身が編者となっている作品集ではありませんか。
しかもそのラインナップときたら、

  • 胡蝶の夢/荘子
  • 道徳的想像力/ルドルフ・シュタイナー
  • メールヘン/ゲーテ
  • 最後のユニコーン/ピーター・S・ビーグル
  • クリスティアン・ローゼンクロイツの化学の結婚 一四五九年/ヨハン・ヴァレンティン・アンドレーエ
  • ねずの木の話/グリム兄弟
  • 人類の教育/ゴットホルト・エフライム・レッシング
  • クリスチャンの世界あるいはヨーロッパ/ノヴァーリス
  • マリオネットの芝居について/ハインリヒ・フォン・クライスト
  • ヒキガエルの呪い…ヒキガエルの呪い/グスタフ・マイリンク
  • 弓術における禅/オイゲン・ヘリゲル
  • ヨーロッパの隠れた磁場/グスタフ・ルネ・ホッケ
  • インタビュー/パブロ・ピカソ
  • サン・ルイス・レイ橋/ソーントン・ワイルダー
  • 苦しみ畑/カーレン・ブリクセン
  • 大審問官/F・M・ドストエフスキー
  • 百年の孤独/ガブリエル・ガルシア・マルケス
  • マルテの手記/ライナー・マリア・リルケ
  • 建築現場/ルイーゼ・リンザー
  • 断片/フランツ・カフカ
  • ウムブラマウトの国では/クリストフ・メッケル
  • タンネンの木の葉/J・R・R・トールキン
  • 夢の劇/A・ストリンドベリ
  • エブリシング・アンド・ナッシング/J・L・ボルヘス


  • という豪華さ。
    知らない人の著作もたくさんありますが、それでも「一家に一冊」を願いたくなるのお得さ。

    今日はこの中で、一番最初に読んだピカソのインタビューから本日の名言(下記参照)を引用しました。


     現代絵画で「探求」って言葉が、どうしてあんなに重視されるのか、わからないね。
    (中略)
    私が絵を描くとき、重要なのは、見つけたものを見せることであって、探してるものを示すことじゃない。

    ――収録のパブロ・ピカソ『インタビュー』より
    編者ミヒャエル・エンデ
    訳者丘沢静也
    初版発行1996.12.20
    発行岩波書店
    定価レンタル
    入手場所佐世保市立図書館
    スポンサーサイト
    1. 2007/10/25(木) 00:36:03|
    2. SASEBO CITY LIBRARY
    3. | トラックバック:1

    Web配色事典 フルカラー編

    haisyoku.jpg


    こんなん図書館にあるんですね~。
    他にもパソコン関係の本たくさんありました。
    パソコン関係を勉強するのにそんなに何冊も何冊も買えないんで、こういうところで借りてテキストの数をこなせばいいんだと思いました。
    というわけで「Web配色事典」実践期間中。


    著者シーズ
    初版発行2002.8.1
    発行技術評論社
    定価レンタル
    入手場所佐世保市立図書館
    1. 2007/09/14(金) 00:18:01|
    2. SASEBO CITY LIBRARY
    3. | トラックバック:0
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。