サルけ/マワれ書店

hahahahahas

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お金持ちになる女 なれない女の常識

money


 この本を手に取り冒頭を読んで衝撃を受けたままレジへ持っていってしまいました。
 この本は買うに値すると閃いて購入に走ったわけですが、そのわりに読み終えたあとはそんなに満足の質は高くありませんでした。
 しかし何度か読み返してみると、結構重要なことが書いてあるんですよね。

 金運のよい財布をとか、トイレをキレイに保つとか、金持ちになった自分をイメージするとか、他所でも見た話がいくつか含まれていたので、本の後半部分に目新しいものを見い出せなかったということが満足八分の理由かもしれません。
 しかし前半はとても新鮮な内容で、相当な影響を受けました。
 もちろん内容はここでは秘密です。口頭でも家族にしか伝えていません。
 買うなり立ち読みに向かうなり、自分で動いた人だけが知れるという私の意地の悪さです。
 しかし衝撃を受けたといっても、私以外の人にとっては常識だったのかもしれませんが。

 私、去年の今頃ぐらいまで、お金を持ちたくないと思っていたんですよね。
 お金を持ったときに自分の品性が汚くなるのを見ていたので、私はお金を持ってはいけない人間だなぁと思っていました。たくさんのお金を持つだけの精神力がありません、と。
(お金持ちになれない言い訳も含まれているとは思いますが。)

 それから物欲も年々減少傾向で、「お金があればこういうことができるのに」と思うことも無くなっていくんですよね。お金で叶えられることに関しては、可能な範囲のことで満足できる体質になっています。

 しかし、世の中の流れが自身に及ぼした影響も多大に関係していますが、やはりお金を持つ勇気すら無い状態では、大きなことを成したりもできないのだろうという方向に脳内の姿勢が動いてきています。

 でも(お金を必要以上に持っていた頃と比較して)お金の無い生活をしていると、今まで自分に絶対に必要だと思っていたものが実は大して必要ではなかったことに気付けたりしたのです。

 それに般若心経なんかも欲とかお金は無いほうが良いって言ってる気がするし…。
 私の場合、物欲が減っただけで他の欲はとてつもなくありますが。

 この本が言ってるのは、ガツガツ稼げということではなく、豊かであれということだと私は思っていますが、それにしたって般若心経などの教えとはどう折り合いをつけているのでしょうか。(だって対立しているようには見えないし。)
 私の浅知恵ではどちらの道理もそれぞれ通っているように思えます。

 でも私が本音の部分で信じたいと思っているのは、「人間は所有を始めた途端に持てるものが少なくなった」という例の説なのです。
(例の説というのは、この件は私がミクスィーなどで度々触れていることだからです。)
 原始の頃に遡って、ここからここまでが自分のものだなんて決めなければ、人は世界の全てを持てていたというお話です。

 この話をし始めると収拾がつかないし、今私が真剣に向き合える事項なわけでもありません。

 とにかく心を豊かに保つこと、それが今の私の一番の課題ですね。
 本日の名言に取り上げた部分は、この本で私がうなったランキング3位くらいのフレーズですね。
 私はお金を使うのが上手くないんだなぁ。

 必要としてお金を支払うこと以外に、自分の気持ちが高まったり、自分の心が癒されたりなごんだり豊かになったり、自分の成長に役立ついいものにお金を使えないでいると、お金を好きになることよりも、それをポジティブに手に入れることも考えにくいのです。
 いまよりもっとよろこばしくお金が自分のところに入ってくるのを願うなら、まずは、なにかひとつでもいいので(値段の高い安いに関係なく精神的価値で)、買ってうれしいものやよろこびあふれるものや、楽しくうきうきするものや、高揚感や幸福感あふれるものに、お金を使ってみて下さい。
著者佳川奈未
初版発行2006.10.3
発行PHP研究所
定価本体1,200円+税
入手場所博文堂
スポンサーサイト
  1. 2008/03/25(火) 16:52:27|
  2. MY STACKS
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。