サルけ/マワれ書店

hahahahahas

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

企画の教科書 ポケット判

kikaku.jpg


本日の名言(※下部の表を参照)として引用している文は、抜書きという性質上、そこだけ読んでもよくわからない部分を紹介するわけにはいかないので敢えてこういう選抜となりました。
しかしこの本の面白いのは全体です。部分を取り出しては語れません。

おちまさとさんの「教科書」シリーズ。
「初対面の教科書」を以前に読んでいました。今回このシリーズが文庫版になっているのを見つけ、たまたまその時、企画に関する本が読みたかったので迷わず購入した次第。

先に申し上げておきますと、この本を読んだからって企画が書けるようにはならないと思います。
以前読んだ「初対面の教科書」を読んでも初対面に強くはなりませんでしたし。
でも読んでいると、企画が書けそうな気持ちになるし、初対面が苦手な自分を克服できそうな気持ちにはなります。

思うに、「初対面が苦手だ」「企画が書けない」ということについて悩みに悩み、自分なりに色々と努力と試行錯誤を繰り返して、その度に自分なりの答えを出しながら生きている人がこれらの本を読むと、格段に上達するかもしれません。

「初対面が苦手だ」「企画が書きたい」と思ってはいるが然したる努力は特にしていないという人がただ単に読んでも、「そうなのかー!」という衝撃は得られるものの実践で効果を上げるのは難しいのではないかと。

悩み続けて自分なりの修正を重ねてきた人は、この本を読むことによって効果的な軌道修正が可能だと思うのです。
自分の努力の方向性のズレに気付けると思うのです。

以前このブログでも取り上げた「ホスト王」シリーズも同様に、読んだ時はかなり衝撃を受け、わかった気になるのですが、実践で取り込むとなるととても難しいのです。
しかし実践で「あーでもない、こーでもない」という努力を重ねた後に読むと、自分が修正すべき点が明白になるのです。

つまり「教科書」シリーズも「ホスト王」シリーズも、何しろ面白いので大きなインパクトを受けて、漠然とわかった気になるものの、ただ読むだけでは奥底からの理解はできないに等しいと私は思っています。

しかしながら、企画が書きたいなんて特に思っていなくても、彼の「教科書」シリーズを読むことは、おちまさとさんの様々なものに対するスタンス、大きくまとめて言ってしまえば彼の「生きるスタンス」を知ることができるのでとても有意義だと思います。
凡人にとっては、自分の内に新たなるスパイスを加えることになりましょう。

はっきり言って、このシリーズけっこう面白いです。1冊だけ読んだときはここまで好きにはならなかったのですが。

「初対面の教科書」「企画の教科書」両者に書いてあったことなので恐らく他の物にも書いてあるのだと思うのですが、おちまさとさんが一貫して言っているのが「リスペクトを持て」ということのようです。
「わたしはあの人をリスペクトしてる」等の若者言葉としての『リスペクト』とはニュアンスが違い、「尊敬」という概念よりもだいぶ軽やかな意味で使っておられるようです。

私の解釈では、「リスペクトを忘れない」ということは即ち「あらゆる物事に対してネガティブな意識を向けない」ということだと思います。

本の中にある細部の表現からも、彼の「リスペクト」精神がわかります。普通なら悪いように見てしまいがちなことでも“面白い”という言葉を選んで使われていたり。
彼の言う「リスペクト」は、簡単に言えば「前向きであれ」ということなのですが、「前向き」「ポジティブ」という言葉は押し付けがましさと隣り合わせです。こういう言葉の選び方もさすがです。

 毎月の給料から余裕を持って払える家賃の部屋に住んでいると、そこが自分のサイズになってしまいます。無意識に、こんなもんでいいや、となってくるのです。ですから、給料ギリギリでもいいから、自分の身の丈のワンランク上の部屋に住むことが、自分の成長を促してくれるのです。精神的な意味も含めて、身体がその部屋に合ってくるのです。
「夢のために4畳半風呂なしで頑張る私」というスタンスは、一見正しく健全です。でも、あなたがなりたいのは、企画立案者。消費者として倹約している人と同じレベルでモノを見てはいけません。
編者「おちまさとプロデュース 企画の教科書」 をつくる会
初版発行2007.6.20
発行NHK出版
定価本体720円+税
入手場所博文堂
スポンサーサイト
  1. 2007/09/26(水) 02:19:19|
  2. MY STACKS
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sasebocomawari.blog115.fc2.com/tb.php/19-508cb08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。