サルけ/マワれ書店

hahahahahas

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

姑獲鳥の夏

ubume.jpg


『目はレンズだ。だから本当は物が逆さに見えるはずである。では何故そう見えないか。脳が上下反転を行っているからである。あるいは部屋の端に寝っころがって天井を見る。よく見れば最も遠い角は鈍角に見える。他の3つの角も直角ではない。なのに何故、我々は天井をおかしなひし形だと感じないか。やはり脳が文化の掟(例えば天井は真四角だという認識)に従って、知覚でとらえた像を組み替えているからなのである。』

これは「WORLD ATLAS」からの引用です。


京極夏彦/ミステリー/妖怪

このぐらいの連想は本を読まない人でも出来ることだと思われます。漠と知れ渡っているのではないかと。
なにせこの私、ミステリーなんて一番興味が無い分野ですが、それでもテレビやらから勝手に情報が入ってきていましたので。

その興味の全く湧かないミステリーを薦められて私も困りました。
“何故あんなに多くの人がミステリーを読んでいるのかわからない” “何故、日本のミステリーはレベルが高いとか言われてるのか全然理解ができない”と堂々と思っているのが私です。
今まで読んだミステリーがつまらなかったからそう思っているわけです。ミステリー好きの皆様、ご免なさい。

「妖怪とかの話なんだよね」「古本屋の京極堂って主人公が陰陽師なんだよね」という紹介を受けて想像したのは、妖怪が事件を起こして陰陽師が祓う物語。

しかし蓋を開けてみると、「陰陽師が妖怪を祓って事件を解決する話」の根底には、冒頭で引用した『WORLD ATLAS』の一節で言っているような“脳の仕組み”が広がっていました。
「この世には不思議なことなど何もないのだよ」と言う京極堂のスタンスはそれなのです。

と、なにやら持って回った紹介の仕方をしてしまいましたが、不粋ながら簡単に言ってしまうと、奇妙な事件を科学的(?)に解決するのが京極堂という探偵でした。
陰陽師でありながら、妖怪を民俗として説明するような人物でした。


分厚い本だし他に読みたい本もたくさんあるので、私はそうしょっちゅうこの人の本ばかりを読むわけにはいかないのですが、娯楽には最適の小説だと思います。

『姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)』は京極堂シリーズの1作目にして京極夏彦さんのデビュー作らしく、そもそもの紹介者曰く、順番に読むことが後続のシリーズ作品を楽しむにあたっては最良だそうです。

これから読まれる方への私からの助言としましては、まだ事件に触ったばかりの段階である作品序盤の部分が小難しい話で少々たるいですが、そこを読んで京極堂を理解してから事件のてん末を愉しむことが肝要ですので、前半で諦めないで下さい。

本日の名言(下記)についてですが、何処を抜こうか候補が多くてかなり迷いましたが、私が本記事冒頭で上記一節を引用した訳を補足できるのではないかと思い、こういう選抜に至りました。

「(前略)徳川家康は確かに存在したが、我我の知っているのはその昔徳川家康という人がいた、という記録を知っているのであって、決して徳川家康を知っている訳じゃないだろう。
禅でいう所の不立文字というヤツだ。
家康の存在は事実であっても、我我にとって<家康>は現実ではないんだ。しかし僕らは家康を、ときとして知っているような錯覚を引き起こす。
これは<家康>という言葉が齎す情報を納めている記憶の蔵と、僕らの実体験を納めている記憶の蔵が同じ蔵だから起きる間違いだ。
<言葉>による情報も<体験>した情報も<記憶>になれば結局同じになってしまう。
つまり僕らは、逢ったこともない東照神君家康大権現の幽霊を見てしまう可能性もあるということだ」

※改行は私が意図的にしたものです。
著者京極夏彦
初版発行1998.9.15
発行講談社文庫
定価本体800円+税
入手場所金明堂 日野店
スポンサーサイト
  1. 2007/09/28(金) 04:30:12|
  2. MY STACKS
  3. | トラックバック:1

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sasebocomawari.blog115.fc2.com/tb.php/20-fc80ac7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

姑獲鳥の夏

姑獲鳥の夏 京極夏彦著京極堂シリーズ第一弾。読みたい、読みたいと思っていて、やっと今回読みましたが、なるほど人気な訳だ~と、納得&楽しめました。関口が、二十箇月...
  1. 2007/10/02(火) 23:49:30 |
  2. slow match
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。