サルけ/マワれ書店

hahahahahas

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

わたしを磨く仕事の作法

sigoto.jpg


この本の要点を突いた一文がありまして、本当はそこを抜書きするべきなのですが、敢えてその一文には触れずに今回の記事を書き上げようと思います。

本の帯にはこうありました。

“頑張っているのに評価されない”

ずばり私やん!

正確には、少し前の私が思っていたことです。
自分ではかなり頑張っていたつもりなのに、人には全く仕事をしていないように見えていたという事実を知った時のことです。
しかしこの件に関しては幸い、私は現実を自力で受け止めることができ、「上司に人を見る目がないから」なんて発想には行かずに済みました。仕事をしていないと人に思わせる原因は自分にあるのだと素直に反省し、現在も行いを正すために目下努力中です。

最近、自分の仕事のやり方に胸を張れず、どうして自分で納得が行かないのだろうと少々足掻いていたので、私を叱ってくれる本なのではないかと期待を込めて手に取り、目次を開きました。
目次を読んですぐに購入を決めました。
その一部が以下。

◆「いやな仕事はしたくないわ」
→少し前までの私

◆「資格の一つも取らなくちゃ」
→ほんの少し前までの私

◆「自分がしてほしいことをすればいいのね」
→現在進行形

◆仕事の失敗はあなたの欠陥を浮き彫りにする
→最近失敗をやらかしたばかり

◆暗黙のルールがわからない女になるな
→わからない女として進行中

◆脳が満たされないから食べ過ぎる
→食べすぎ進行中

冒頭でも書きましたが、この本のメッセージはたった一文を抜書きすれば伝えることができます。全編に渡って繰り返されているメッセージがあるのです。
その部分をここで書いてしまえば今回の記事は全く不必要となってしまいますので、自身のことを代用として書いておきます。
最近の私は特に、自分としては結構人のために動いているつもりなのに、あまり感謝されていない気がしていたのですが、その理由が見つかりました。
どういうものが仕事なのかをわかっていなかったことが悩みの原因のようです。

「私は何か勘違いをしているかも?」と少しでも思うならば、その勘違いに是非気付いてみましょう。

「チョコレートの過食をやめられない」
 という女性がいた。一日に何枚ものチョコレートを食べてしまうというのである。
(中略)
「安いチョコレートを食べるからダメなのよ。ショコラティエでもゴディバのものでもいいから、本当に高くて美味しいものを一粒食べてごらんなさい。一粒千円のチョコレートなら何粒も食べられないでしょう?コンビニのチョコレートなんて買っちゃだめよ」
 というのが、そのときの私のアドバイス。本当に美味しくていいものなら一粒で脳は満足する。安物を食べているから脳は満足しないのである。
著者海原純子
初版発行2007.9.25
発行成美堂出版
sasaeru文庫
定価本体524円+税
入手場所博文堂
スポンサーサイト
  1. 2007/10/01(月) 02:03:38|
  2. MY STACKS
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sasebocomawari.blog115.fc2.com/tb.php/22-205b1580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。