サルけ/マワれ書店

hahahahahas

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NANA 18

nana.jpg


静観ムードになっているのは私だけでしょうか?

ナナとレンの行く末について予測を立てられるある程度の根拠が出てきた巻だというのに、ましてこれまでと比べてもスケールの大きなことがあった(シンの件)巻だというのに、続きが気になりません。

NANAはある時期から裏っかわに商業の色が見え始めましたよね。
売れているので物語を当初のプランから拡大した様相がありました。
話をややこしく引っかき回してエスカレートさせたり、人気の出そうなキャラと設定を新しく加えてみたり。
作品制作に対する不純さを肌で感じて、かなりあの頃は文句を言いながら読んでいたものです。

しかし展開に文句をつけたくなるのは、“こうなって欲しい”という願いがあればこそです。
“こうなって欲しい”という物語の展開への期待は、作品のポテンシャルが高くなければ持てないものです。 加えて矢沢あい作品の特徴は感情移入できる点です。感情移入が展開への期待を強めるのです。
その感情移入を引き起こしたのは、NANAにおいてはキャラクターへの共感もしくは反発です。加えてNANAのキャラクターは「理想像」という面も背負っています。

儲けを意識した物語の流れになってからも嫌悪感たっぷりながら新刊を心待ちにしていたのに、現在は首を長くしていません。
「飽き」の決定打たるものが18巻にあったわけではないので、これは自分としても不思議な心の動きです。

先は気にならず見守るのみというこのムードは、作品に私の感情が流れて行かなくなったことを表していると思います。

何故でしょうね。
メインであるナナとレンの心模様がわかりにくいからかもしれません。傾いたかと思えば持ち直しての繰り返しで、「今」2人はどうなっているのか、新刊が出る頃には忘れています。他のキャラクターの恋模様の方がよほどはっきりしています。
むしろ他のキャラクターの恋に手を広げすぎて、ナナとレンが埋もれてしまったかもしれません。 もう片方の主人公である奈々とタクミにも18巻では大した動きはありませんでしたし。(後に大きな何かが起こるための小さな蓄積はあるかもしれませんが。)

まぁよくわかりません。なんにせよ、一番やめてほしいのは本を分厚くして値段を上げることですかね。

NANA 18巻
著者矢沢あい
初版発行2007.9.19
発行集英社
定価本体457円+税
入手場所どっかのコンビニ
  1. 2007/09/30(日) 01:48:02|
  2. MANGA
  3. | トラックバック:0

ワンピース

onepiece.jpg


少々古い話ですが、出ましたねワンピース47巻。
近頃のワンピースは、長年の読者にしか伝わらないようなギャグも練りこまれて いたりして、そんな栄ちゃん(作者)のサービス具合から見ても、終盤に近付い ているのではないかとファンを切なくさせます。

というわけで私はこの度、ワンピースがあとどのくらい続くのかを考えてみまし た。

まず、麦わら海賊団にとってのこれまでの主要な戦いを巻数で見てみましょう。

対バギー約2巻
対キャプテン・クロ3巻
対ドン・クリーク
 (鷹の目vsゾロ含む)
4巻
対アーロン4巻
対バロックワークス
  リヴァースマウンテン
  ウイスキーピーク
  リトルガーデン
4巻
対クロコダイル8巻
対エネル         
  ジャヤ         
  空島
9巻
対CP912巻

これからも主要な戦いにおいて、掲載される巻数は増加傾向にあることでしょう 。
この他、小休止的戦いとその巻数が以下。

in ローグタウン2巻
対ワポル3巻
対フォクシー
  ロングリングロングランド
  (対 青キジ含む)
3巻

というわけで、現在のスリラーバーク編。
これはおそらく小休止的戦いにあたると思われますが、相手は王下七武海という ことで3.5~4巻あるのではないかと。
現在2巻掲載されていますので、あと1.5~2巻続くかと。

では、ワンピースがあと何年続いてくれるのかを推測する上で考えなければならないのが、今後は一体どんなエピソードがあるのか?ということ。

わたくし的予測&希望の羅列が以下。

  • 魚人島でジンベイ登場
  • ドンキホーテ・ドフラミンゴ再登場
  • まだ見ぬ、七武海最後の1人登場
  • 四皇登場
  • 赤犬・黄猿登場
  • Dr.ベガパンク登場
  • シャンクスとの再会(麦わら返還)
  • 鷹の目との再戦(ゾロ)
  • スモーカーとの再戦
  • ドラゴンとの接触
  • 青キジとの再戦
  • コビーと再会?または再戦?
  • 黒ひげとの対決
  • バナロ島の決闘が引き起こした何かの事件勃発
  • Dの秘密が明かされる
  • ポーネグリフの秘密(空白の100年)が明かされる
  • たぶん古代兵器の何かが復活
  • ラフテル到着
  • エルバフ到着
  • ラブーンとの再会
  • オールブルー発見


  • ここから繫がりそうなものを繋げていくと、
    まず、魚人島でオールブルーが見つかるんじゃないかと思うんですね。
    魚人島にジンベイがいるとしたらやはり戦うんでしょうか?でも魚人島が楽園と 言われているところが引っかかります。
    まぁ戦うことになれば、少なく見積もっても8巻くらいはあるんじゃないかと。

    んでドフラミンゴですけどこの人が、本物の海賊だけが生き残れる“新時代”が やってくると三十二巻で言っております。しかも組織がでかそう。
    ワンピースの世界では、海賊王の夢を持っている奴らと、ドフラミンゴのように 新しい感覚で生きてる海賊がいますよね。
    おそらく、ドフラミンゴじゃなくても、この新感覚の連中の誰かとは戦うことに なると思うので、少なく見積もっても4巻はありそう。

    バナロ島の決闘に関しては、エースと黒ひげ、どちらも白ひげと関わりがありま すので、最終的には彼が出張ってくると思うんです。
    そして看護婦を取り巻いているあの白ひげですから、やはり死期は近いんじゃな いかと。
    とにかくこの辺りで白ひげが没して、四皇の一角が崩れたことによって“新時代 ”突入か? とりあえず2巻見積もっておくか。


    ポーネグリフと空白の100年、そして古代兵器、ドラゴンとの接触というのは vs世界政府という形で関わってくるんじゃないでしょうか。
    そして青キジとの再戦もそこにあるんじゃないでしょうか。
    これだけで20巻あってもよさそうですね。
    ドラゴンとの接触の時というのは、Dの秘密が明かされる時かもしれません。

    そして鷹の目vsゾロだけでも1、2巻は繋げるのではないかと。

    エルバフ到着とラブーンとの再会は本編でまともに取り扱われなさそう。
    最終巻で早送り的に描かれるんじゃないのかな。
    しかし四十七巻のあのブルックの名シーンですが、十二巻収録の104話のタイ トルが“約束の岬”だったんですねー。
    またしても感動です。栄ちゃんにしてやられたり。

    そういうわけで、あと35巻はあってもよさそうですね。
    なら八十二巻まであってもいいじゃん。
    あと7年はあるかもしれない。イエイ。

    どうも楽観しすぎのような気がしないでもないですが、今日はこれで締めときます。完。
    少なく見積もっているはずなのに、現実的に思えないのは何故でしょう。

    ONE PIECE 四十七巻
    著者尾田栄一郎
    初版発行2007.9.9
    発行集英社
    定価本体390円+税
    入手場所どっかのコンビニ
    1. 2007/09/16(日) 04:01:37|
    2. MANGA
    3. | トラックバック:0
    前のページ 次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。