サルけ/マワれ書店

hahahahahas

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

働きマン

work.jpg


私は自覚のない安野モヨコファンです。

好きな漫画家はと尋ねられたとしても即座に思い浮かぶ名前ではありません。
にも関わらず、モヨコ作品を6タイトルは持っています。その内5タイトルは数巻にわたる連載もので、既刊のものは全て持っています。
好きな漫画家と訊かれて答えるであろう楠本マキさんの作品でさえそんなに持っていません。
しかも漫画だけに留まらず、モヨコさんのエッセイ「美人画報」シリーズも全巻持っているし、モヨコさんが関わっている「リセットダイエット」という本も持っています。
安野モヨコさんをちゃっかり追いかけている私。

私は何故モヨコ作品を買ってしまうのでしょうか。

しかももっと言うならば、「モヨコ作品って最終回に向かい始めるとだんだん面白くなくなる」とさえ思っています。
「どうせ最後は面白くない」とわかっていても、新作が出れば買ってしまうのです。
不思議なことに、つまらない最終回に対する不満は皆無なのです。

私は何故モヨコ作品を買ってしまうのでしょうか。

作品の一つに『監督不行届』というものがありまして、その中に安野モヨコさんの旦那様である庵野秀明さんのインタビューが収録されています。
それを読んだ時に私の疑問はほとんど吹き飛んでしまいました。感動さえ覚えました。こんなに言い当てている文章はないと思いました。
そこを引用して本記事を終わらせるのは大変卑怯だとは思っていますが、庵野さんの言葉以上に上手く言い表すことが私には出来ませんので、今回は逃げさせていただきます。

 嫁さんのマンガのすごいところは、マンガを現実からの避難場所にしていないとこなんですよ。今のマンガは、読者を現実から避難させて、そこで満足させちゃう装置でしかないものが大半なんです。マニアな人ほど、そっちに入り込みすぎて一体化してしまい、それ以外のものを認めなくなってしまう。嫁さんのマンガは、マンガを読んで現実に還る時に、読者の中にエネルギーが残るようなマンガなんですね。読んでくれた人が内側にこもるんじゃなくて、外側に出て行動したくなる、そういった力が湧いて来るマンガなんですよ。現実に対処して他人の中で生きていくためのマンガなんです。

  安野モヨコ『監督不行届』祥伝社 2005
    p.139~「庵野監督 カントクくんを語る」より

働きマン4
著者安野モヨコ
初版発行2007.8.23
発行講談社
定価本体514円+税
入手場所博文堂?
  1. 2007/10/18(木) 00:28:36|
  2. MANGA
  3. | トラックバック:0

HUNTER×HUNTER 24巻

hunter.jpg


※ネタバレ注意※

久しぶりに読んでみると、気が重くなりました。
この漫画に住むキャラクターは、実際に「生死」を賭けなければなりません。
たとえば私の大好きなONE PIECEは「生死」に非常に甘いです。「命を賭けろ」というセリフがあっても、作者は愛すべきキャラクターたちの死を読者に突きつけることをしません。


ミクスィーのHUNTER×HUNTERコミュにて他の方々の24巻の感想を見ましたが、そこに書き込みをしている人たちとの温度差を感じました。

話は進みましたし面白かったですが、私としては読み返したくなる巻ではありません。
これまでの巻は、興奮してその日の内に幾度も読み返したものですが、今回は反芻したくなる場面が特にありませんでした。

どうやら王とコムギの絡みが多数の読者の方々にはツボだったようですが、私としては、友情や愛情のシーンがクサくなりすぎてしまうHUNTER×HUNTERの欠点が顕著に出た巻だと思っていました。
要するに、興奮しておく場面で私がそれに至らなかったのが、温度差の原因ということになりましょうか。

冒頭で云った通り、HUNTER×HUNTERは生死が曖昧ではありません。読者にショックを与えるであろうキャラクターの死を敢えて(作者が)描いている態もあります。
生死の線に関わらずとも、今巻ではパームとビゼフのこともショックでしたね。キメラアントと戦うという任務が、どれだけのものを賭けなければ貫徹できないものなのかが上手く表わされています。 HUNTER×HUNTERそのものが、読む側にとってもまさに遊びじゃないという感じです。

その辺りの残酷さ・厳しさと、クサいシーンのバランスが私にはあまり気持ち良いものではないのです。
(でも多数の方にとってそうでないのなら問題は無いです。)


私が今回最も怖かったシーンはプフがコムギを殺そうとして泣く場面ですね。
「あ」が散りばめられたあの雑な描写のコマは身震いがしました。どうしてあんな狂気のこもった絵を描けるのでしょうか。


キルアが儚げに見える点が読者にキルアの死を予想させているようですが、私はキルアは死なないと思います。
キルアが死ぬと物語が動かなくなりませんか?
“ゴンとの友情”が、週間少年ジャンプという媒体を介しているこの漫画が失ってはならない重要要素だと思うのですが、キルアが死ぬとなると友情面を描く代役キャラを擁立しなければなりません。
人気もかなり占めているであろうキルアを殺してまで代わりのキャラを立てるメリットは、キルアを亡くすことで生じるデメリットには勝らないと思います。
直情型で我儘なゴンと、我儘に折れて冷静さでカバーするキルアという2人の助け合いの構図が、高い精度で築き上げられているこの漫画では尚更です。ゴンとキルアは2人で1つなのです。

(ただ、作者がハンター×ハンターを終わらせようとしているのならキルアの死も有りかもしれませんが。)

イカルゴが死にそうだと私は思いましたが…。
キャラクターのデザイン的にあまり魅力が感じられないので、先で長くキルアとの友情を育むキャラとしてはキャラの製造に力が入れられていないような気がします。


物語の組み立て方には感嘆しました。
ノブがマンションを仕掛けるために入れられたと思われる、王が腕をもいだ件などは、王が元々そういうことをしそうなキャラなのでエピソードに無理がありません。
無理がないどころか、単に「行動が極端な王」に留まらず、このエピソードは『宮殿内で何かが狂ってきている』象徴にもなっています。


なにはともあれ、今回あまり満足できなかったのは、私が一番心待ちにしているNGLのリーダーの再登場が無かったからかもしれません。

HUNTER×HUNTER No.24
著者冨樫義博
初版発行2007.10.10
発行集英社
定価本体390円+税
入手場所どっかのコンビニ
  1. 2007/10/09(火) 02:20:09|
  2. MANGA
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。